5月1日

日本ではゴールデン・ウィークもたけなわの今日、祝祭日の少ないフランスでも、
珍しく元旦以来(?)の休日になりました。

西洋では古来、5月1日は春のお祭りの日。花の冠をかぶった『五月の女王』を仕立ててパレードをしたり、
地方によって色々なイベントがあるようです。

そんなお休みの日の朝、近くの商店街まで買い物に出てみると、あちらでもこちらでもスズランの花束が売られています。
そう、フランスでは5月1日といえば、身近な人にスズランを贈る日として知られているようです。「帰りに買おう」、と思いながら食料品の買出しをしていたら、レジのところで思わぬサプライズが!

c0129852_2255568.jpg










"Pour Madame!"と差し出された、一枝のスズラン


















小さい花だけど、とてもいい香り。

まだ風は冷たいけれど、久々に晴れ間が見えた、パリの朝でした。
[PR]